December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「みんなの音がさね」情報[12]歌詞です!

みんなの音がさね札幌編で生まれた楽曲の歌詞です。
作詞は集まっていただいた皆さんです。

※林田さんと実行委員会でお話しした結果「僕らのこの歌」を「ぼくらのこの詩」へ変更することと致しました。


「ぼくらのこの詩」

朝日の中でまどろむ君は どんな夢見てるかな
目を覚ませば新しい日が 降りてくる

いつか話した夢の続きを もう一度聴かせてよ
今ならきっと素直になって 分かりあえる

伝わらない想いを どう伝えよう
やわらかい向かい風 待とう

何度でも 声を 重ねあわせ
ああ 届け 君に ぼくらのこの詩

厳しい冬の寒さを耐える 力があるのなら
未来へ向かう希望にかえて 生きてゆける

降り積もるこの雪も とける日が来る
優しい風が背中押すように

何度でも 声を 重ねあわせ
ああ 届け 君に ぼくらのこの詩

この空の向こうに 輝く笑顔
夢の先へと 扉開いて

ああ 緑 大地 今ここから
恐れず いこう さあ踏み出し

何度でも 声を 重ねあわせ
ああ 届け 君に ぼくらのこの詩
pagetop